四方山話|yomoyama

新聞に掲載された「写楽捜索願」!?

「写楽捜索願」。
1925(大正14)年1月4日付の東京朝日新聞に、こんな物物しい公告が出された。
写楽とはもちろん江戸の浮世絵師東洲斎写楽のことである。記事を書いたのは山村耕花という人物。
明治から昭和にかけて活躍した版画家だ。

江戸時代の浮世絵師の人名事典ともいえる『増補浮世絵類考』によると、「写楽」の項には「写楽、天明寛政年中の人、俗称斎藤十郎兵衛、居八丁堀に住す、阿波侯の能役者也」の記述がある。
写楽が阿波徳島ゆかりの人物であったことは既成の事実として多くの人々に受け入れられていたのだ。
1910(明治43)年にドイツの美術研究家ユリウス・クルトが、写楽を世界の三大肖像画家のひとりと絶賛したことから、写楽の浮世絵の人気が急速に高まり、斎藤十郎兵衛なる人物にも人々の注目が集まってきた。
大正初期から写楽捜しが盛んになっていくのだが、いくら捜しても見つからない。

徳島県出身の人類学者鳥居龍蔵は、写楽が徳島ゆかりの人物として、かねてより親しさを感じていたという。
そこで「写楽捜索願」に応えるために帰県して調査をはじめ、春藤某を写楽だとする論文を発表する。
別の研究者たちも徳島に調査に来るが、いずれも詳細についてはわからず、「十郎兵衛」の存在すら否定される事態に。
第1次写楽ブームだったが、戦争のため一時中断される。

第2次写楽ブームがやってくるのは昭和30年代からだ。斎藤十郎兵衛でなく、他の誰かであろうと別人説が主流になる。葛飾北斎だろう、いや喜多川歌麿だ、歌川豊国だ、と次から次へと別人説が出る始末。
新しい説が出るたびにマスコミが飛びつき、にぎわしい時代があった。

そんな写楽ブームにくさびを打ち込むように、突然「斎藤十郎兵衛」の過去帳が発見された。
1997(平成九)年6月、埼玉県越谷市の法光寺に眠っていたものが全国的に広く紹介された。
鳥居龍蔵から始まり、多くの徳島人が写楽を調査研究してきたが、やっと決着がついたのである。
過去帳によると斎藤十郎兵衛の項には、「八町堀地蔵橋 阿州殿御内」とあり1820(文政3)年3月7日に亡くなったこともわかった。やはり写楽は徳島ゆかり人物であったのだ。

斎藤十郎兵衛が住んでいた東京・八丁堀ではすでに、観光案内板を写楽と絡めて宣伝している。
もっと徳島において顕彰していくべきだろう。
今、全国で「ゆるキャラ」による宣伝合戦が行われているが、徳島にとって写楽こそが大きなキャラクターではないだろうか。国際的にも通用するビッグネームである。

東京五輪が開催される2020年は、写楽と同一人物とされる斎藤十郎兵衛没後200年という大きな節目の年である。
徳島発で写楽を全国に売り込みたい。

(「写楽再考1」徳島新聞2017年1月22日付 丁山俊彦)